歌う霧島

 のど自慢の多い相撲界で、霧島はあまり歌いたがらないのが特徴でしたが、歌っている場面を二つ、ここに収録してみました。

 
 

  • 結婚披露の席上で(1100kB)

  •  

     

     1987年(昭和62年)2月14日、銀座のスエヒロで開催された、菜穂子夫人との結婚披露宴で、余興に歌ったものです。霧島27歳の歌声です。
    男の肩と背中には
    昔の影が揺れている
    恋も涙も悲しみも
    誰にも言えない傷あとも
    ゆらゆらゆら
    止まり木揺れて
    グラスの底に、明日の日に
    お前はそんな男の姿
    気付かないけど

    男の胸の奥の奥
    その時々の夢がある
    過去も未来もぼんやりと
    忘れてしまう時がある
    ゆらゆらゆら
    たばこの煙
    見つめてる愛に夢がある
    お前のなまり、かおりの中で
    安らぎもある

     
  • 現役引退のあと(305kB)
  •  1996年(平成8年)3月場所の千秋楽で、引退を表明したあと、打ち上げパーティーで歌っ たものです。収録できたのは、たった数秒の、ごく短いものですが、なにか霧島の人生観と悲哀が凝縮されている感じです。歌っている霧島の背中の後ろに、菜 穂子夫人が泣きぬれているのがテレビに写っていました。
    夢だろうと うつつだろうと
    わが人生に 悔いはない
     
     

    「霧島引退甚句」のページ            ホームページに戻る